バングラデシュで日本語を学びます

このエントリーをはてなブックマークに追加

バングラデシュと日本の関係はとても優しいです。バングラデシュの人々がいろいろな理由のために日本に行きます。といった勉強、仕事とビジネスです。バングラデシュに日本の会社がたくさんあります。多いバングラデシュ人は日本のかいしゃではたらきます。最近以前よりバングラデシュ人は日本語を習っています。今バングラデシュにはたくさん日本語の学校があります。特にダッカとチッタゴンにあります。その学校は日本の文化や社会について教えています。多いバングラデシュ人は日本のアニメとマンガが大好きです。これは、日本語や日本文化についてのそれらをより身近になります。  

言語学ぶためにいつも練習がよくいります。しかし、バングラデシュに練習のために場所があまりありませんから日本語を習うことが難しくなります。

 

習熟度を開発するには、学生が継続的に勉強しなければなりません。学生はよくして決定された場合には、より簡単に日本語を学習することが可能です。日本語を知ることは、自分のキャリアを開発するための素晴らしいです。日本語学習は日本に行くために目標を持っている人々のために非常に重要です。

 

日本語を始めるに学生たちは初めてひらがなとカタカナと呼ばれるアルファベットセットを学んで開始する必要があり。そして漢字は日本語にとてもたいせつな要素です。基本的には日本語のかくシステムこの3パーツ構成されます。たくさん漢字覚えることはここの学生たちに難しくなります。でも長い時間まで練習と使うと漢字に慣れることができます。話すスキルを開発するために、学生は先生や友達と話す練習をする必要があります。   

 

語学学校のコースを終えた後、学生は日本語能力試験(JLPT)に参加することで、それらの日本語スキルを確認することができます。この試験の5つのレベルがあります。これらは、N1、N2、N3、N4とN5です。そこで、予備レベルの学生はN5レベルで参加することができます。 JLPT試験の他のレベルは非常に高い熟練した学生のためのものです。これは、同じ日に世界的に開催される国際的なテストです。バングラデシュでは、この試験は、ダッカに保持されています。

 

日本アカデミーはチッタゴンのよく有名な古い日本語教育機関の一つです。それは、ムハンマドヌルルイスラムさんによって1987年に設立されました。彼はバングラデシュ日本国名誉総領事です。今までに最初から、何千人もの生徒がここで日本語を勉強されており、多くは、様々な目的のために日本に行ってきました。日本アカデミーは日本語を教えるための良いマルチメディア機能を提供します。チュートリアルビデオとオーディオシステムは、学生のためのに便利です。

著者: Shahed Alam

ぜひ下記のはてブ、いいね、シェアなどを押してもらえると、毎週1回MVB(再優秀ブロガー)を決定してて、選ばれるとご褒美がもらえるのでご協力お願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

バングラデシュタカ為替計算

Convert 

into