How to use goanimate.com

Goanimate.com is a great a site to make animated video easily for business and other purposes. You can use the trial version for 14 days. You can use by payment for making and using the video officially.

 

  1. At first you have to sign up at the website.
  2. Have a good look with the instructions and tutorial video in the home page.
  3. After signing up, click on ‘Make a video’.

4. Then first you can click on ‘Watch tutorial’ to see how to start making video.

5. There are many themes which you can select according to your choice.

6. After selecting one theme you will get a page of the platform with all the elements that are needed to create the animated video.

7. On the left side, there options of templates, characters, props, texts, vidgets and sound.

 

 

8. Select the options and you can find more option to under that selected option.

9. On the left side of the screen you can find the pictures of the objects.

10. After choosing a picture of character or object, just click it or you can drag it to the main screen part in the middle.

11. You can find single or individual objects in the ‘Props’ option. 

 

12. You can also search objects or anything by writing the names in the ‘search’ option on the left side of the screen. 

13. Have a good look on the template options to choose your desired location, scenes and more. 

14. You can change the body actions of the any character. After clicking on it, many actions will appear on the left side of the screen. There are many options with names of different categories and situations. Then there is an option for changing the face expression also. 

15. To add voice to the character, click on the ‘Dialog’ option. You can add by using microphone and also by uploading audio files. In ‘Enter/exit’ option, you can find options to add motion, time duration etc.

 

16. To change the position of the objects and the characters on the frame, you can select it and drag.  

17. You can add music and sound effects in the video from the ‘Sound’ option.

18. To add a new scene, click on ‘Add scene’ or click on the ‘+’ sign on the below part of the screen.

 

19. In ‘Scene settings’ option, you can add scene duration time, effects, narration and compose.

20. After making many scenes, if you want to change the scene positions, you can drag the small scene icons right or left side on the below part of the screen. You can even change the time duration by sliding the edge of the small screen icons.

 

21. After completing all the scenes of the story, you can have look to the preview of finished work by clicking the ‘Preview’ option.

22. To save the video, click on the ‘Save’ option on the top right side.

23. To watch your saved videos you have to go the homepage and click on ‘Your account’, then ‘Your videos’.

 

なぜバングラデシュのインターンシップでBig4のコンサルの内定を取れたか

アッサラームアライクム!(ベンガル語で「こんにちは」)

Same Pageインターン卒業生のマークです。

私は日本の中堅大学に通う大学生です。ちなみにマークというのは自分でつけた英語名で、帰国子女でもない普通の日本人です。

今回は、東大や慶応のような名門大学や海外大学出身でもない私がSame Pageでの半年間のインターンシップを経て、Big4の一角といわれるコンサルティングファームに経営コンサルタントとして内定を得るまでの経緯をお話して、次にSame Pageのインターンシップに挑戦して成長したいという大学生の参考になればと思っています!

 

〈なぜSame Pageでのインターンシップをはじめたか?〉

Read more: なぜバングラデシュのインターンシップでBig4のコンサルの内定を取れたか

ビッグデータの意義

こんにちは!Markです。

 

先日、コンサルタントの方とお話しする機会があったので、「コンサルタントの武器ってなんでしょうか?」という質問をしました。

様々な点からお答えいただきましたが、興味深かったのが「複数の業種を跨いで経験を積むため、他業種のノリッジを活かしてクライアント企業に価値を提供できること」でした。

一見、関係なさそうな二つのものを繋ぎ合わせると思わぬ価値が生まれるということは確かにあると思います。

 

そんな中、こんな刺激的な記事を見つけました。

⇒「ビッグデータで人は誰でも天才になれる?」

  http://it.impressbm.co.jp/articles/-/11862

Read more: ビッグデータの意義

バングラデシュで日本語を学びます

バングラデシュと日本の関係はとても優しいです。バングラデシュの人々がいろいろな理由のために日本に行きます。といった勉強、仕事とビジネスです。バングラデシュに日本の会社がたくさんあります。多いバングラデシュ人は日本のかいしゃではたらきます。最近以前よりバングラデシュ人は日本語を習っています。今バングラデシュにはたくさん日本語の学校があります。特にダッカとチッタゴンにあります。その学校は日本の文化や社会について教えています。多いバングラデシュ人は日本のアニメとマンガが大好きです。これは、日本語や日本文化についてのそれらをより身近になります。  

Read more: バングラデシュで日本語を学びます

ウェアラブルについて

こんにちは。Markです。

 

先日、スポーツジムのランニングマシンで走っていた時にふと思ったのですが、「お金を払ってわざわざマシンで走らなくても外で走っても効果は一緒なのでは?」と。

でも案外、マシンの方が習慣になりやすいんですよね。その理由はやはり自分が何km走ったかや何カロリー消費したかがすぐわかるからだと思います。

 

そこで最近はやりのウェアラブル端末を思い出した。私には親友が二人いるのですが二人ともウェアラブルを愛用しています。一人は睡眠計測用のウェアラブル、もう一人はランニング計測用のウェアラブルです。せっせとFacebookに記録を上げたりしています。

 

でも確かにウェアラブルって未来な感じがして面白いなとは思いますが、「何のために」あるのでしょうか?

これはよく尊敬している先輩に言われるのですが、「テクノロジーのためのテクノロジーになってはいけない」と思います。何のために技術革新しているのかわからずに進めていったらいつかアイロボットのようにロボットに人間が支配されるかもしれませんし、そうでなくても多くの時間とお金を無駄にしてしまいますからね。

 

そんなことを考えていたとき、この記事に出会いました。

Read more: ウェアラブルについて

バングラデシュタカ為替計算

Convert 

into